応募団体募集中

福島県における自然環境の保全を図り、自然と人間の調和のとれた社会づくりに資することを目的に福島銀行はふるさとの自然環境の保存および活用に関する活動を応援します。

応募期間

助成金額

2021年度の助成金総額は100万円とし、1件の上限を30万円とします。
なお、該当団体がない場合または助成の対象としてふさわしくない場合は、助成を見送ることとします。

助成対象活動

1
自然環境の保存及び活用に関する実践活動
2
自然環境の保存及び活用に関する普及啓発
3
自然環境の保存及び活用を促進するために必要な調査研究

2020年度助成団体

  • 福島県維管束植物目録編さん委員会

  • 檜枝岐村

  • NPO法人いわきの森に親しむ会

  • NPO法人小野自然倶楽部

  • 一般財団法人田村市滝根観光振興公社

募集要綱

1.目 的
この公益信託は、福島県における自然環境の保全を図り、自然と人間の調和のとれた社会づくりに資することを目的としています。
2.助成対象活動
福島県内の地方公共団体及びその他の団体が自然公園等において行う、次に掲げる活動に対する資金の助成を行います。
(1) 自然環境の保存及び活用に関する実践活動
  • ① 河川、緑地、池沼、植物自生地等、動物生息地等、地形地質等の自然のままで保存すべき地域における景観の復旧、動植物の保護、掲示板や柵の設置、歩道の整備等
  • ② 上記地域の環境の汚染又は破壊の防止につながるゴミ、廃棄物等の発生の防止又はこれらの除去、清掃等
  • ③ 優れた自然環境の中で行われる自然観察会等
(2) 自然環境の保存及び活用に関する普及啓発
  • ① 絵本、資料、視聴覚教材等の作成、配布
  • ② 展覧会、シンポジウム、研修会、交流会等の開催又はこれらへの参加
(3) 自然環境の保存及び活用を促進するために必要な調査研究
  • ・ 動物の生息数調査、植生調査、地形地質調査等
3.助成金の金額
2021年度の助成金総額は100万円とし、1件の上限を30万円とします。なお、該当団体がない場合または助成の対象としてふさわしくない場合は、助成を見送ることとします。
4.応募方法
助成金交付申請書(様式1号)に必要事項を記入・捺印し、これまでの活動内容がわかる資料がある場合は当該資料を添付のうえ下記9の申請書の送付先までお送りください。 尚、助成金交付申請書は福島銀行の窓口でも入手いただけます。
5.応募期間
2021年7月1日(木)から8月31日(火)
6.選考方法
学識経験者からなる運営委員会により厳正に審査・選考いたします。
7.助成金交付時期
2022年1月中旬予定
8.報告の義務
(1)助成対象団体には、毎年度(翌年9月)終了後2ヶ月以内に助成金使途報告書、活動・調査研究内容報告書を提出いただきます。(様式適宜)
(2)基金の助成金で冊子等を発行する場合は、本基金名を冊子に印刷してください。
9.申請書の問合せ
及び送付先
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3-1-1
みずほ信託銀行株式会社 仙台支店
公益信託福島銀行ふるさと自然環境基金 宛
担当:阿達 史哲、 布田 智恵子
TEL.022-225-7692
10.その他注意事項
(1)提出いただいた申請書等は返却いたしません。
(2)選考結果は申請者全員に書面で通知いたします。
(3)助成対象団体には、贈呈式(11月末開催予定)にご出席いただきます。

公益信託福島銀行ふるさと自然環境基金について

公益信託とは、福島銀行(委託者)が公益を目的に財産の一部を信託し、みずほ信託銀行(受託者)が定められた公益目的に従って、管理・運用し、公益を実現する制度です。本基金は平成4年に設立し、これまで環境保全に関する実践活動や普及啓発、調査研究などを行う団体に対し、助成金を交付しております。


お問い合わせ

申請書の作成に関するお問合せ・申請書送付先

みずほ信託銀行株式会社 仙台支店

公益信託福島銀行ふるさと自然環境基金 担当:阿達、布田
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3-1-1

助成金に関するお問い合わせ

株式会社福島銀行 経営企画課 担当:引地

〒960-8625 福島市万世町2-5