事例紹介人物

創業支援セミナーを受講し、創業

エステティックサロン「furu(フル)」 オーナー 長沢 千恵子さん

提供する技術・製品とも
高規格のエステティックサービスを展開

長沢さんは「がんばる女性を応援したい」との思いからエステティシャンの道へ進まれました。エステサロンの社員として職務にあたり、更なる技術向上のために海外勤務も経験し、接客も磨きをかけてきました。
結婚を機に、自ら働き方を調整できるよう「エステサロンの開業」を決意。開業にあたって必要な知識を学ぶ方法を探していた時に、福島銀行が女性向け創業支援セミナー“プチ起業カフェ”を開催することを知りました。
「趣味や職業経験を活かした“プチ起業”であなたの夢を実現しませんか?」というコンセプトに惹かれ、参加されました。

女性向け「プチ起業カフェ」に実際に参加してみて、開業に必要な各種届出や事業計画書の作り方について学んだり、ビジネスモデルキャンバス(注)を使用してお客様に提供できる価値について深く考えることができました。また創業の際に使用できる補助金や融資制度など、創業について学ぶことができました。セミナーを受講したことで、漠然としていた自分の事業のイメージをより具体化することができ、事業と向き合えたことは、創業の大きなきっかけになりました。受講しているときは難しいところもあり大変でしたが、実際に開業してみると、あのとき勉強したことが役に立っています。
参加したことで、創業を真剣に目指す仲間を作ることもできました。また、自分たちは、福島銀行さんや一般社団法人グロウイングクラウドさん、郡山商工会議所さんを始め、様々な人たちに応援していただいていることに気づきました。そうした方々と親密にお付き合いをさせていただくうちに、さらに多くの人たちと知り合うことが出来ました。
応援していただいた方々には、本当に感謝しています。
(注)創業に必要なことを一目でわかりやすく整理できる一覧表です。

■エステを通して福島の人たちの役に立てるよう取り組んでいます。

皆さんが美容室や理容室に定期的に行くように、お肌や健康な体のためにエステに行くような文化を育てていきたい。将来は郡山市を、エステを目的に来てもらえるような「マチ」にしていきたいと考えています。
また、女性が家事や子育てをしながらしっかりと胸を張って働ける場を作ることで、震災の影響を抱える福島の人たちの役に立てるよう、やりがいをもって事業に取組んでいます。

担当者・創業支援チーム 森亨仁

長沢様は第1回「プチ起業カフェ」に参加いただき、事業計画書作成やビジネスモデルについて熱心に学ばれておりました。当行でも初の試みである女性向け「プチ起業カフェ」で学ばれたことが創業のきっかけになったこと、そして長沢様の夢の実現のお役に立てたことはとてもうれしく思います。
平成27年7月に郡山駅前のチャレンジショップで開業後、移転先を探されていたとき、当行取引先の不動産会社の紹介や空き店舗対策の補助金情報等を案内させていただきました。エステサロンであることから「お客様が人目を気にせず来店しやすい物件」をご希望でしたが、なかなか見つからずに苦労はありました。ようやく希望に沿う物件が見つかり、現在は郡山市富久山町の移転先で事業に取組んでおられます。
今後もお客様に役立つセミナーの開催や情報の提供を行い、お客様と一緒に取り組んで参ります。

ページ上部へ戻る