ページの先頭です

金融機関コード:0513

ここからナビゲーションです。

  • 手数料一覧
  • 金利一覧
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • プレスリリース
  • サイトマップ

文字サイズ変更

  • 文字サイズを小にする
  • 文字サイズを中にする
  • 文字サイズを大にする

サイト内検索

  • 個人のお客様
  • 法人・事業主のお客様
  • 株主・投資家の皆様
  • 採用情報

ここから本文です

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に係る基本方針

2022年6月1日制定

 株式会社福島銀行(以下「当行」と言います。)は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下「マネロン・テロ資金供与と言います。)の防止に向けて、次のとおり基本方針を定め、管理態勢を整備します。

  1. 運営方針
     マネロン・テロ資金供与の防止を経営上の重要課題の一つとして位置づけ、経営陣の主導的関与のもと、適切な行内態勢の維持・構築に努めます。
  2. 組織態勢
     当行は、マネロン・テロ資金供与対策の責任者及び統括部署を定めて、一元的な管理態勢を構築します。
  3. 管理態勢
     リスク・ベースアプローチの考え方に基づき、自らのマネロン・テロ資金供与リスクを特定・評価し、リスクに見合った低減措置を講じます。また、定期的にその有効性を検証し、必要に応じて見直しを行います。
  4. 関連法令等の遵守
     取引時確認、取引記録の作成・保存、資産凍結等の措置に係る確認、疑わしい取引の届出等のマネロン・テロ資金供与対策に関する法令上の措置について、適切に対応できる態勢を整備します。
  5. 役職員の研修
     当行は、マネロン・テロ資金供与対策に関する役職員の知識、理解を深めるため、継続的に研修等を実施します。
  6. 有効性検証
     マネロン・テロ資金供与の防止に向けた取組状況と有効性を検証し、その結果を踏まえてさらなる管理態勢の改善に努めます。

以上